【キャリカレ】カラーコーディネーターW講座の口コミ&評判は?返金補償やテキストについても徹底調査しました

MIZUKI

こんにちは!LinkStudyでは美容や健康、ファッション関係の資格の記事執筆を担当している、アラサーフリーランス女子のMIZUKIです

カラーコーディネーターや色彩検定の試験をパスしたいと思っている人のなかには、キャリカレのカラーコーディネーター講座の受講を検討している人もいるのではないでしょうか。キャリカレ受講者の実際の口コミや、講座内容、全額返金保証について詳しく知りたい人もいるはず。

そこでここでは、キャリカレのカラーコーディネーター講座にの気になる口コミや、講座内容や返金価格、補償制度について徹底調査。どんな人におすすめなのか、実際に合格できるのかどうかもまとめました。

\無料で資料請求可能(約1分)変な勧誘や電話もナシ!/

Contents

【キャリカレ】カラーコーディネーターW講座の口コミ&評判は?

キャリカレのカラーコーディネーター講座の口コミをネット上やSNSで調べてみたところ、価格の安さと合格している人が多いことから、多くの人が受講していることが判明しました。

SNSや公式サイトの口コミのなかから、ポジティブな口コミからネガティブな口コミまで、代表的なものをピックアップしてご紹介します。

 【キャリカレ】カラーコーディネーターW講座のポジティブな口コミ

キャリカレのカラーコーディネーター講座のポジティブな口コミを要約すると、以下のようなコメントが多くみられました。

キャリカレの教材だけで無事に合格できた!

テキスト内容が、普段つかってるプリンターのインクに絡んだ内容でわかりやすい

キャリカレの教材で勉強するようになってから勉強がサクサク進む

スマホで見れる映像講義で重要ポイントがわかった。添削問題の回答とともに送られてくるDVD解説もわかりやすく、講師の方からの一言も励みになった

テキスト内容、映像講義ともにわかりやすく、キャリカレの教材だけで一発合格できたという人も多くいました。添削問題や質問の回答時も親切でサービスがよかったという声も。他社講座にくらべ(詳細は御述します)価格が安い講座ではありますが、教材内容やサービスはかなり充実していると言えるでしょう。

>>カラーコーディネーター講座の詳細をチェック

この投稿をInstagramで見る

oruoru_study(@oruoru_study)がシェアした投稿

テキストだけでなく映像教材もスマホで繰り返し見られたので、重要なポイントがわかりました。また添削課題と一緒に送られる解説のDVDがわかりやすかったです。講師の先生から添えられた一言も励みになりました。

思っていたよりも難しくて、仕事と家事をしながらだと勉強の時間がなかなか取れなかったのですが、サポート期間終了間際で提出した課題もしっかりと添削して下さり感謝しています。今回色彩検定3級、2級に無事合格することができました。カラーコーディネーター試験は3級だけ受験しました。結果が楽しみです。2級は自信がなく受けなかったのですが、指導して頂いた課題を元にしっかり勉強して、来年の試験に備えていこうと思っています。

40代半ばでアパレルに転職しました。コーディネートの提案に全く自信がありませんでしたが、学んだことを少しずつでも活かしていけたらと思っています。ありがとうございました。 

キャリカレ公式サイトより引用

【キャリカレ】カラーコーディネーターW講座のネガティブな口コミ

ポジティブな口コミやよろこびの声が多くあるいっぽう、以下のようなネガティブな口コミもちらほらと見受けられました

添削問題が郵送のみ対応なのがちょっと残念。WEB添削できたらいいのに

練習問題がもっとあると助かる

副教材を切ったり貼ったりするのでムダに時間がかかる

内容はわかりやすいものの、添削問題が郵送のみの受付だったり、練習問題が少し少なめに感じるなど、サービス面に改善点が少しあるように見受けられます。

キャリカレの教材だけで合格した人もたくさんいるのも事実ではありますが、練習問題の数に不安を覚えた場合は、過去問などを別途購入して問題を解く力をつけていってもいいですね。

勉強する範囲を網羅できたと思います。ただ実際の試験で見たこともない写真や問題は多かったので、試験すらすら~ってほどではなかったかな?という感じです。練習問題がもっと沢山あると助かります!

キャリカレ公式サイトより引用

副教材を自分で切ったり、貼ったりする必要があったため、時間がかかりました。予め学習しやすくするために切ってあると便利だと感じました。

キャリカレ公式サイトより引用

キャリカレのカラーコーディネーターW講座はどんな講座?

キャリカレのカラーコーディネーター講座は、約4ヶ月で色彩検定とカラーコーディネーター検定のふたつの試験に合格するための知識や学力を身につけられる通信講座。

色彩検定は(公財)色彩検定協会が実施する検定で、キャリカレの講座では3級と2級の合格を目指せます。

また、カラーコーディネーター検定は東京商工会議所が実施している検定で、スタンダードクラスとアドバンスクラスの2種類があります。キャリカレの講座ではスタンダードもアドバンスもどちらも合格点を目指せます。

教材内容は、次の項目で詳しく触れますが、テキストとスマホアプリで見られる動画講義、添削問題、自分で切り貼りしながら実践して覚えるカラーカード、練習問題集が入っています。スマホで学習できるうえ、何度でも質問OKな点もうれしいポイントです。

標準学習期間は約4ヶ月ですが、学習サポート期間は最大で1年間。どちらの試験も年2回実施なので、両方の試験の時期やご自身のスケジュールなどを確認して、計画的に学習を進める必要があります。

 キャリカレのカラーコーディネーターW講座の教材内容

キャリカレのカラーコーディネーター講座の一番の長所として、テキストの内容のわかりやすさがあげられます。

上のスクリーンショットは、テキストのほんの一部分ですが、フルカラーでイラストや写真、例え話などを挙げて、注意点などもわかりやすく説明してくれています。

テキストは色彩検定用、カラーコーディネーター検定用がそれぞれ2冊です。テキストのサイズも以前より小さくなって持ち歩きやすくなったので、外出先や職場でのスキマ時間もテキストを読むことができます。

また、テキスト内にあるARコードにスマホやタブレットをかざすと、その項目の映像講義をその場ですぐに視聴可能。テキストを見ながら映像講義もサッと見られてとても便利です。

テキストや映像講義を見てしっかり勉強し終えたら、添削問題を解いてキャリカレに提出。添削問題はテキスト1冊終わるごとに1回(全4回)提出します。添削問題も終えたなら試験本番に向けて、練習問題集を解いていきます。

テキストや動画講義、添削問題の解説などを見てもわからない部分は、メールにて何度でも質問可能。回答が早くて親切だとコメントも多いので、安心して受講することができますよ。

添削問題は全部提出して一定の点数を取得しないと、不合格だったときの全額返金制度が受けられません。試験を受ける前に必ず提出するようにしましょう!

キャリカレのカラーコーディネーターW講座の受講料

キャリカレのカラーコーディネーター講座の価格ですが、色彩検定とカラーコーディネーターどちらの資格も目指すW講座は、39,600円(税込)です。

色彩検定講座、カラーコーディネーター検定講座は、それぞれ31,900円(税込)なので、1講座ずつ受講するよりも、W講座のほうが断然おトクだと言えます。

MIZUKI

MIZUKI「他社のカラーコーディネーター講座は、ひとつの検定に絞った受講内容でありながらキャリカレよりも高いです。2つの知名度の高い講座を費用を抑えてとりたい人にぴったりの講座です」

>>カラーコーディネーター講座の詳細をチェック

キャリカレのカラーコーディネーター講座はユーキャンの講座とどう違う?価格や取得できる検定を比較

ユーキャンのカラーコーディネート講座と比較されることの多い、キャリカレのカラーコーディネーターW講座ですが、狙うべき検定試験と価格がだいぶ違います。

下記一覧表に価格や学習期間、狙える検定試験をまとめましたので、比較する際の参考にしてみてくださいね。

スクロールできます
スクール名価格標準学習期間/学習サポート期間対象の検定試験
キャリカレ:39,600円(税込)4ヶ月/1年間色彩検定
カラーコーディネーター検定
ユーキャン46,740円(税込)6ヶ月/1年間パーソナルカラリスト検定

キャリカレのカラーコーディネーター講座の全額返金保証について

キャリカレのカラーコーディネーター講座は、本試験で万が一不合格だった場合、一定の条件を満たせば受講料を全額返金してもらうことができます。

ただし、受講さえしていれば誰でも返金してもらえるわけではありません。キャリカレの教材にしっかり取り組んだうえで不合格であったという証明ができないと受講料は返してもらえませんので注意しましょう。まずはじめに、以下の条件を満たしていることを確認しましょう

  • 受講料の滞納がないこと。
  • サポート期間内に添削問題全4回分を修了し、平均点が70点以上であること。
  • 「AFT色彩検定3・2級」、カラーコーディネーター検定試験®スタンダードクラス・アドバンスクラス(※)」のうち、いずれかの検定を受験していること。
  • 本試験受験前に、受験票が届いたら試験5日前までに受験票のコピーをキャリカレに送付していること。

上記の条件を満たしたうえで、本試験合格発表日から14日以内に、以下の書類や教材をキャリカレに送付する必要があります。

  • 本試験の合否通知書のコピー
  • キャリカレのカラーコーディネーターW講座教材一式(テキスト、DVD、その他書類などすべて)
  • 返金希望のメッセージと、返金先口座を記載したメモ

条件があり、手続きも面倒ではありますが、キャリカレ側がすべて確認し終えて返金されるまでに大体2〜3週間かかるようです。

教材は合否がわかるまでは誰かにあげたり、捨ててしまわないように注意しましょう!

キャリカレのカラーコーディネーター講座がおすすめな人

キャリカレのカラーコーディネーターW講座は、できるだけ金銭的負担をかけずに手っ取り早く履歴書にかけるようなカラーの資格を手に入れたい人にとくに適した講座です。

教材内容もわかりやすいですし、初学者でも安心して学習を進められます。仕事や家事、育児などで日中忙しい人でも隙間時間を有効に利用して合格している人がたくさんいるのも心強いですよね。

キャリカレのカラーコーディネーターW講座で、カラーの知識を身につけて、就職やお仕事に役立ててみてはいかがでしょうか。

>>カラーコーディネーター講座の詳細をチェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる