【キャリカレ】メンタルヘルスマネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の口コミ&評判は?全額返金制度や教材内容を徹底調査

YOSHIE

こんにちは!過去に職場の人間関係で悩み苦しんだ経験のあるLinkStudyライターのYOSHIEです

メンタルヘルス・マネジメント検定を受験しようと考えている人のなかには、キャリカレのメンタルヘルスマネジメント検定講座の受講を検討している人もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、キャリカレのメンタルヘルスマネジメント検定について徹底調査!気になる口コミはもちろん、教材内容や返金制度についてもわかりやすくご紹介します。

キャリカレのメンタルヘルスマネジメント検定講座について気になっている人は、是非このページを参考にしてみてくださいね!

\まずは無料で資料請求!しつこい勧誘や電話もありませんよ/

Contents

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の口コミ&評判は?

キャリカレのメンタルヘルスマネジメント検定講座の口コミ&評判をインターネット上で調べてみたところ、受講者が少ないのか公式サイト以外では受講者のコメントはほとんど見られませんでした。

公式サイトに記載してあった口コミのなかから、代表的な意見やコメントをピックアップしてご紹介します。

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座のポジティブな口コミ

キャリカレのメンタルヘルスマネジメント講座のポジティブな口コミには以下のようなコメントが見受けられました。

2種、3種ともに一発合格できた。添削問題は本番の手応えをつかむための確認作業として使えた

課題提出のタイミングなどがスケジューリングされているので飽きずに学ぶことができた

学習ガイドを参考にしながら開いた時間を利用して勉強を進められた

テキストのわからない部分を質問できるのは助かる!

キャリカレの教材のみで合格できたという声も多くありました。学習スケジュールや課題提出のタイミングを守って学習すれば合格できるという声もあり、教材やサポート内容は悪くない印象です。

テキストのわからない部分を質問できる点を高く評価している人もちらほらいました。

YOSHIE

学習計画を立てるのがニガテな人や、飽きっぽい人でも続けられる工夫がされている講座だと言えますね

>>【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメント検定講座の詳細を確認する

本日、受験結果を確認できました。この度は貴講座を活用し、併願した2種3種を受験し、一発合格できました。添削問題は本番を迎えるにあたり手ごたえを掴む為の確認作業に使えました。講師の先生にはご教示頂き有難うございました。

キャリカレ公式サイトより引用

キャリカレの講座は、標準学習期間が3ヶ月や4ヶ月など短めで、課題提出のタイミングなどもスケジューリングされているので、飽きることなく駆け抜けることができました。学んでいて楽しかったです。

キャリカレ公式サイトより引用

とても分かりやすく、学習ガイドを参考にしながら、空いた時間を利用して勉強を進めました。気が付くと2回目の添削問題も無事に終了し、学習を終える事ができました。予定よりも早く終了できたので、うれしかったです。

キャリカレ公式サイトより引用

テキストの不明点を、質問してお答えいただけるのが助かりました。テキストは書店で揃うものですが、質問できるのは大きいと思います!

キャリカレ公式サイトより引用

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座のネガティブな口コミ

ポジティブな口コミがある一方で、下記のようなネガティブな口コミもちらほら見受けられました。

DVDの映像がかなり古い感じがした。あと、DVDだけでなくWEBで視聴できるようにしてもらいたい。

本試験の難易度が上がっているため、テキストと添削問題だけでは問題演習が不十分に感じる

添削問題が物足りない。予想模擬テストなど本番で何点取れるのか把握できる教材がほしい

演習問題の少なさを指摘する声が少なからずありました。問題をたくさん解いて完璧に解けるようにしておきたい人には物足りなく感じてしまうことも。また、本試験は問題傾向が年々変わるので、傾向と対策に関しては注視する必要がありそうです。

DVDは10年くらい前に撮影されたものをそのまま使用しているとのこと。試験で得点を稼ぐための材料というよりは、検定で得た知識をどう活かすかのイメージトレーニングとしての映像講義であるといえます。

テキストはわかりやすかったです。公式テキストを読み、過去問題を解くことで理解できるようになりました。ただ、CDが配付されていましたが、かなり昔の画像(昭和の感じ??)がしました。場所が限定されたのでWEB配信などにしてもらえると嬉しいです(場所を選ばず、視聴できるので)

キャリカレ公式サイトより引用

現在、過去問集は頻出問題のみ収録した市販のものが同梱されていますが、本試験の難易度が年々上がっており、そちらと添削課題をこなすだけでは問題演習が不十分という状況です。添削課題に関しては、直近の出題傾向とはズレているようにも感じました。

キャリカレ公式サイトより引用

添削問題がもの足りません。市販の問題集に毛が生えたレベルです。やはり予想模擬テストなど、自分が実際何点取れるか把握できるような ものが必要だと思います。

キャリカレ公式サイトより引用

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座とはどんな講座?

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメントは、約4ヶ月間でⅢ種(セルフケアコース)、Ⅱ種(ラインケアコース)のふたつの検定試験に合格する実力を身につけることができる講座です。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験はコースごとに実施団体である大阪商工会議所から公式テキストと過去問題集が毎年出版されていて、キャリカレの講座でも同じテキストを使います。

ただ、はじめてメンタルヘルス・マネジメント検定試験の勉強をする人にとっては、内容や用語は難しいうえに学習計画も立てにくく、独学では挫折してしまう人も多いのが現状です。

キャリカレでは独学ではつまずきがちな部分をしっかりフォロー!学習の進め方や添削問題提出スケジュールなどの計画をキャリカレ側で立ててくれます。

そのうえ、わからない用語や文章などが出てきても講師にWEB上(スマホ、タブレット、PC)でいつでも質問が可能。レスポンスも早くて適切なのでサクサクと勉強が進められます。

また、4ヶ月という短い期間のなかでⅢ種のみならずⅡ種の学習もしっかりできてしまうのも嬉しいポイント。両方の試験範囲を学べるうえに受講料も他スクールと比較しても格段に安く不合格時の全額返金保証制度があるのも大きなメリットです。

よってキャリカレのメンタルヘルス・マネジメント検定試験は、短期集中型でⅢ種もⅡ種も両方取得したい人や、独学では試験をパスする自信はないけれど、金銭的にリスクをかけたくない!という人にぴったりの講座です。

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の特徴1・大阪商工会議所の公式テキストを使用

先ほども少し触れましたが、キャリカレのメンタルヘルス・マネジメント検定講座では、大阪商工会議所が作成している検定対策用テキストと過去問題集を使用します。

テキストはお近くの書店やAmazonなどのECサイトでも販売されています。Ⅱ種、Ⅲ種それぞれテキスト&過去問を購入した場合、書籍代は1万円前後ですが、独学での場合講師などに質問することはかないません。

キャリカレでは、わからない部分は24時間365日キャリカレの講師にスマホから気軽に質問可能。回答を得ながら、サクサクと学習を進めることができます。はじめの1ヶ月でⅢ種(セルフケアコース)の学習をすすめ、残りの3ヶ月でⅡ種(ラインケアコース)の学習をすすめていきます。

Ⅲ種(セルフケアコース)のテキストでは自分自身のストレスチェックも可能。自分自身の気分のムラを客観視しコントロールする力も身につきます。

>>【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメント検定講座の詳細を確認する

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の特徴2・実践に活かせる動画講義

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメント検定講座では、Ⅱ種、Ⅲ種ともに各2枚分(合計4枚分)のDVD講義が収録されています。

動画講義では、同僚の仕事上の悩みを聞くときの対応事例や、メンタル不調の部下に対する上司の対応事例などをドラマ仕立てで紹介&解説しています。

悪い対処法といい対処法、どちらも収録してあるので、他人事ではなく自分のことのように対処法をスッと理解することができますよ。

YOSHIE

検定試験対策の講義動画というよりは、実践に必要な知識を学ぶための映像講義です。大手資格予備校のような映像講義ではありませんので、予備校の講座の録画のような動画を期待している人には物足りないと感じてしまうかもしれませんね

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の特徴3・添削問題は全2回

添削問題は、Ⅲ種、Ⅱ種テキストを学習し終えた後に提出します(全2回分)。Ⅲ種のテキストは、忙しいなかでも空いた時間を使って頑張れば、1ヶ月程度で学習し終えることが可能。最短1ヶ月でⅢ種の試験に挑むこともできます。

添削問題の提出は強制ではありませんが、問題を提出しないと、不合格だったときの全額返金保証制度が適応されません。(※添削問題では70点以上取る必要がありますので、手抜かりなく問題に挑みましょう)

なお、添削問題の提出&回答は郵送のみ。WEBでの提出&回答はできませんので注意してくださいね。

添削問題は、本番前の練習問題、模擬試験代わりにも使えますので有効的に活用しましょう!

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の特徴4・過去問題集をひたすら解いて学力を身につける

過去問題集は最新のものを使用。実際に前年度の過去問を通しで解いていくことで、現時点での自分のウィークポイントや本番での時間配分を事前にシミュレーションすることが可能です。

また、過去問を解くことでここ近年の試験の出題傾向などもおのずと把握できます。

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメント検定講座で、より合格に必要な力をみにつけたいのであれば、

テキストを読み終える→過去問を一通り解く→添削問題にチャレンジ

の順番で学習に取り組んでいくことをおすすめします。

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の特徴5・サポート体制が充実

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の標準学習期間は4ヶ月ですが、4ヶ月をすぎたあとでも、教材が届いた日から1年間、講師への質問(WEB)や添削問題の提出など学習サービス&サポートを受けられます。

講師への質問は、スマホやタブレットから何度でも質問可能。他スクールでは講師への質問回数が限られている講座もあるので、何度でも質問できるのは心強いですね。

質問に対する回答も早くサポートが手厚く助かったという声は口コミでも多く、サポート内容は親切であるといえます。

電話質問や相談は受け付けていませんが、メールやWEB上でいつでも質問やサポートを受けたい人であれば満足できるサポート内容です。 

【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の受講料について

キャリカレのメンタル・ヘルスマネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座の受講料は、インターネットからの申し込みで35,200円(税込)。なかなかのお値段です。

大阪商工会議所の公式テキストや過去問題集は書店でも購入可能で、書籍だけ購入しようと思えば全部で1万円前後で揃えられます。

しかし、はじめてメンタルヘルス・マネジメントを学習する人にとっては難しい用語や内容も多く独学では合格を諦めてしまう人も実は多くいます。

キャリカレの通信講座をお金を払って受講することで、テキスト内でわからない部分を聞いたり、実践形式の動画講義を見てイメージしやすくなるというメリットがあります。

ちなみに、Ⅱ種とⅢ種の学習が同時にできて3万円代の講座はキャリカレだけ。通信講座のなかでは安価な講座だといえます。そのうえ不合格時は全額返金制度もあるのでリスクなしで学習することができるのもうれしいポイント。

他社スクールの講座と比較してみると、知名度が高くキャリカレと比べられることの多い「ユーキャン」のメンタルヘルスマネジメント講座の場合、Ⅱ種とⅢ種と講座が分かれているうえ、2講座同時に申し込んで学習した場合全部で64,000円(税込)がかかります。

Ⅱ種とⅢ種検定講座をユーキャンで学習し場合と、キャリカレで学習した場合とでは3万円ちかく価格が異なります。ユーキャンの講座はⅡ種が教育訓練給付制度対象講座となっており、対象者であれば安く受講することができます。

ご自身の状況に合った教材を、事前にじっくり調べて選ぶことが必要不可欠です。ユーキャンとの比較は下記の比較表で確認してみてくださいね。

スクール名講座名受講料標準学習期間/サポート期間備考
キャリカレメンタルヘルスマネジメントⅡ種Ⅲ種検定合格講座35,200円(税込)4ヶ月/1年間不合格時全額返金保証有り&合格時は2講座目無料
ユーキャンⅡ種ラインケアコース35,000円(税込)4ヶ月/1年※教育訓練給付制度対象講座
ユーキャンⅢ種セルフケアコース29,000円(税込)3ヶ月/1年なし

>>【キャリカレ】メンタルヘルス・マネジメント検定講座の詳細を確認する

本試験でで不合格だった場合全額返金されるって本当?

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメントⅡ種Ⅲ種検定講座には、キャリカレの教材にしっかりと取り組んだうえで本試験不合格だった場合、受講料が全額返金される制度があります。

メンタルヘルスマネジメントⅡ種Ⅲ種検定講座の場合、テキストが届いた日から1年以内に受験した検定試験(Ⅱ種、Ⅲ種のどちらかひとつ)で不合格だった場合のみ適応されます。

ただし、受講さえしていれば誰でも返金してもらえるわけではありません。キャリカレの教材にしっかり取り組んだうえで不合格であったという証明ができないと受講料は返してもらえませんので注意が必要です。まずはじめに、以下の条件を確認しておきましょう。

  • 受講料の滞納がないこと。
  • サポート期間内に添削問題全2回分を修了し、平均点が70点以上であること。
  • メンタルヘルス・マネジメント検定のⅡ種またはⅢ種いずれかのの本試験を受験していること。
  • 本試験受験前に、受験票が届いたあと試験5日前までに受験票のコピーをキャリカレに送付していること。

上記の条件を満たしたうえで、本試験合格発表日から14日以内に、以下の書類や教材をキャリカレに送付する必要があります。

  • 本試験の合否通知書のコピー
  • キャリカレの宅建士講座の教材一式(テキスト、DVD、その他書類などすべて)
  • 返金希望のメッセージと、返金先口座を記載したメモ

条件があり、手続きも面倒ではありますが、キャリカレから、返金先口座にお金が振り込まれるまで大体2〜3週間かかるようです。

教材は合否がわかるまでは手放さないようにしましょう!

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメントⅡ種&Ⅲ種検定講座は短期間でコスパよく合格したい人にぴったり

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメント検定講座について、口コミや講座内容を今回徹底調査しましたが、テキストや過去問での独学だけで合格できるかどうか不安だと感じている人や、コストをかけずに短期集中型で検定試験をパスしたい人にぴったりの講座であることがわかりました。

ただ、教材&サポート体制が充実していても、自分には合わない&わかりにくい!という失敗はつきもの。受講前に教材との相性がいいか判断することはとても大事なことです。

キャリカレのメンタルヘルス・マネジメント講座が自分に合っているかどうかを見極めるためにも、まずは無料で資料請求してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる