産業心理カウンセラー資格はキャリカレで取得可能!口コミ・評判や教材内容について徹底調査してみた

YOSHIE

こんにちは。数年前職場の人間関係に悩まされた経験のあるYOSHIEです

産業心理カウンセラー資格に興味があるけれど、一体どんな資格なの?どこでどうやって取得できるの?と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。似た名前の「産業カウンセラー資格」との違いも気になるところですよね。

そこでここでは、産業心理カウンセラー資格について徹底調査。資格を取得できる通信講座についてもくわしくまとめてみました。

産業心理カウンセラー資格は「キャリカレ」の通信講座で取得が可能。在宅試験形式をとっているので試験会場に赴くことなく自宅で資格が取得できますよ

Contents

産業心理カウンセラー資格とはどんな資格か

産業心理カウンセラー資格は(一財)日本能力開発推進協会が実施&認定している民間資格のひとつ。心理学の基礎知識をはじめ、傾聴・共感・受容などのカウンセリング技術、キャリアデザインの援助方法などについての知識を持つ証明になる資格です。

資格を取得することで、職場内でのコミュニケーション能力が高められるうえ、キャリア支援なども行うことができるように。心理学的な見解から職場の同僚の悩みに答えたり、前向きな打開策を提示しながら職場の雰囲気を緩和することができるようになります。

産業心理カウンセラー資格の受験資格と受験料について

受験資格は、学歴や年齢などの決まりはありませんが、通信講座スクール「資格のキャリカレ」で産業心理カウンセラー資格取得講座を在宅で受講&修了した人に限られます。

資格試験は、在宅受験形式で行われます。「産業心理カウンセラー資格」試験申し込み&受験料を払い込んだあと、1週間以内に問題用紙と解答用紙が日本能力開発推進協会から送付されます。試験会場まで足を運ぶ必要はありません。

問題用紙と解答用紙が届いたら、手持ちのテキストを参考にしながら問題を解いていきます。テ解答用紙に答えを記入したら、解答用紙を日本能力開発推進協会へ郵送。70点以上の点数を取れば合格です。

合格者には資格証書とカードが約1ヶ月後に送られてきます。万が一不合格だった場合でも、再度受験することが可能です!

気になる受験料ですが、1回の受験につき5,600円(税込)かかります。合格後に証書発行料などの別料金は取られることはありません。

産業心理カウンセラー資格は産業カウンセラーとはどう違うの?

今回このページでご紹介している「産業心理カウンセラー資格」は、知名度が高い「産業カウンセラー」とは全く別物で、実施団体も異なります。

産業カウンセラーの実施団体は(一社)日本産業カウンセラー協会。「キャリアコンサルタント」の資格も実施&認定している団体です。

どちらも民間資格で、国家資格ではありませんが、(一社)日本産業カウンセラー協会主催の「産業カウンセラー養成講座」は2021年現在オンラインで開講中。教育訓練給付制度対象講座です。

しかし、キャリカレで取得できる「産業心理カウンセラー講座」にくらべ、学習時間も100時間とかなり多いです。学習時間に比例して受講料も高く、20万円を超えます。

多くの人に知られている有名な資格ではありますが、その分常時であれば通学する必要もあり、講座を修了し資格を取得するハードルがかなり高い講座であると言えます。

YOSHIE

キャリカレの産業心理カウンセラー講座は、全く何も知らない状態から産業カウンセラーの基礎知識を学んでみたい人におすすめ。産業心理カウンセラー講座を受講して、もっと知識を深めたいと思ってから産業カウンセラーに臨んでも遅くはないですよ

>>【キャリカレ】心理カウンセラーの詳細を確認する

キャリカレの産業心理カウンセラー講座の口コミ&評判は?

キャリカレの産業心理カウンセラー講座の口コミや評判をインターネット上で集めてみたところ、会社や職場の人間関係に悩む女性が多く受講していることがわかりました。

プライベートな人間関係と職場での人間関係ではコミュニケーションの仕方もアプローチも変わってくるもの。職場の人間関係や雰囲気をよくしたいと日々頑張る受講者の生の声から一部を抜粋してご紹介します。

キャリカレの産業心理カウンセラーのポジティブな口コミ

産業心理カウンセラーのポジティブな口コミには以下のようなものがありました。

会社員の立場としてすごくリアルな問題が度々出てくる。1つ1つが腑に落ちて勉強になる内容

添削してくれた講師や、メールでやりとりしてくれた講師の言葉があたたかくて嬉しかった

わかりやすい教材で問題を解くことで知識を定着させることができた。採点も質問への回答も早かった

メンタルの部分だけでなくキャリア的な部分も学べてとても良かった

会社員の人であれば共感できるようなリアルなケースが出てきて勉強になるという声が多くありました。キャリカレの講師の対応もよかったという声も。

メンタルをサポートするだけでなくキャリアサポートの技術も身についたというコメントも。キャリアについてのアドバイスもできるようになるのはうれしいですね。

>>【キャリカレ】心理カウンセラーの詳細を確認する

この投稿をInstagramで見る

n_kotomama(@n_kotomama)がシェアした投稿

添削してくれた先生や、メールをくれた方々の言葉が温かくて、本当に嬉しかったです。あれがなければ頑張れなかったかも。

キャリカレ公式サイトより引用

非常に分かりやすく教材が作られており、問題を解くことで記憶に定着させることができた。採点も迅速で丁寧なコメントをいただき参考になった。

キャリカレ公式サイトより引用

メンタルな部分とキャリア的な部分、両方学べたところがよかった。

キャリカレ公式サイトより引用

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座のネガティブな口コミ

ポジティブな口コミが多くみられた一方で、ネガティブな口コミもちらほら見られました。

テキストのデータが古く感じた

添削問題は郵送のみで切手代がもったいない。WEB添削があるとよかった

講座内容のポイントが掴みづらく、理解するのがなかなか難しい。

テキスト内容と添削問題に統一性が取れていない

添削問題が郵送でしか提出できない点に不満を抱いている人が多くいる模様でした。また、テキストの内容にはない問題が添削問題で出ることもあるようです。テキストだけを鵜呑みにしていると添削問題を解くのが難しいという人も。

別の口コミで、テキストの内容にない添削問題が出た場合はインターネットなどを調べると理解できることが多いというコメントもありました。テキスト以外の疑問点も自分で調べることも重要ですね。

テキストにあるデータが古い。添削問題もWEB対応があるといいと思います。

キャリカレ公式サイトより引用

口座の添削問題に対して、手書きで解答して、郵送で送るシステムになっていますが、pc上で解答、メールで送るシステムにしていただきたいと思います。金額的にも手間も軽減すると思います。

キャリカレ公式サイトより引用

講座内容を理解するのになかなか難しい記述でした、筆者の講座への思いは分かりますが講座内容のポイントが掴みづらかった。今まで受講した他の講座とは大分教え方が違った。

キャリカレ公式サイトより引用

テキストが講師の考え方を中心に記載されているため、添削問題に対応していない。

キャリカレ公式サイトより引用

キャリカレの産業心理カウンセラー講座とはどんな講座?難易度はどれくらいか

キャリカレの産業心理カウンセラー講座は、会社で働く従業員の心のケアやキャリア相談、職場環境の改善に必要な専門知識や技術が身につく講座。

不調のサインの見つけ方やカウンセリングスキルなどメンタルケアの手法と、キャリア相談には必要不可欠な労働法規を同時に学んでいきます。

産業心理カウンセラー資格の気になる難易度ですが、キャリカレのほかの心理学系、カウンセリング系の講座にくらべて少しだけ難しくなります。ですが、テキストや添削問題を解いて間違った部分をしっかり学習すれば合格できる資格で、難易度はそれほど高くはありません。

実際にSNSでも多くの人が合格報告のコメントをあげています。

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座の特徴1・専門用語を噛み砕いて記載した読みやすいテキスト

キャリカレの産業心理カウンセラーのテキストは白黒で、ほかの心理系講座にくらべて質素な見た目ではありますが、初学者でもわかるよう専門用語を極力使わずに、わかりやすい文章で説明してくれています。

キャリカレ公式サイトより引用

上記はテキストサンプルですが、「なぜ今職場で心の健康が必要なのか?」という基礎中の基礎の部分から学ぶことができるので、初学者や勉強に苦手意識がある人でも安心して学べます。

テキストは「なぜ今産業心理カウンセラーが必要とされているのか?」「産業心理カウンセラーの仕事内容について」「キャリアカウンセリング」「職場環境の改善法と法令」の全4冊。1ヶ月に1冊のペースで学習を進めます。1日30分程度の学習時間が取れれば、4ヶ月以内に修了することができますよ。

教材にはテキスト以外にも無料のカウンセリング実習や心理テストも付属。実際にカウンセリングを行ううえでの注意点なども実践的に学べます。

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座の特徴2・DVDの映像講義でインプットが進む

DVDにはテキストに連動した内容の講義を収録。テキスト内に適宜「DVDを見てみましょう!」という記載があります。映像で見ながらインプットができるのでテキストを読むだけでは覚えられるかどうか不安に思っている人でも大丈夫です。

DVDの映像講義ではテキスト内容の説明はもちろん、カウンセリングの事例(全19事例)や話し方、声かけの仕方など、実践力の身に付くような内容も盛り沢山。プロのカウンセリングを何度も見直して実践することで、プロのカウンセラーとして活躍できるようにもなります。

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座の特徴3・添削問題は全4回

産業心理カウンセラー講座の添削問題は全部で4回あります。テキストを1冊終わらせるごとに1回のペースで添削問題を出します。添削にかんしては、アドバイスがていねいで嬉しかったと受講者からはおおむね好評です。

キャリカレの講座はWEB上にて添削問題を提出できる講座も多いのですが、産業心理カウンセラー講座はWEB添削には対応しておらず、郵送のみの提出となります。

キャリカレの添削問題をすべて提出し一定の点数以上を収めると、講座修了となり、産業カウンセラー資格の受験資格が得られます。

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座の特徴4・手厚いサポート

キャリカレの産業心理カウンセラー講座の標準学習期間は4ヶ月ですが、4ヶ月をすぎたあとでも、教材が届いた日から700日まで、受講者専用サイトにて講師への質問や添削問題の提出など、学習サービス&サポートを受けられます。

講師への質問は、スマホやタブレットから何度でも質問可能。他スクールでは講師への質問回数が限られている講座もあるので、何度でも質問できるのは心強いですね。

質問に対する回答も早くサポートが手厚く助かったという声は口コミでも多く、サポート内容は親切であるといえます。

電話質問や相談は受け付けていませんが、メールやWEB上でいつでも質問やサポートを受けたい人であれば満足できるサポート内容です。

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座の受講料は?

キャリカレの産業心理カウンセラー講座の受講料ですが、39,600円(税込)となかなかのお値段です。

ですが、先ほど少しだけ触れた「産業カウンセラー養成講座」の受講料にくらべると価格は5分の1以下。学ぶ内容は産業カウンセラーほど深くはありませんが、産業カウンセリングに必要な「傾聴」などをしっかり学べる点ではコスパのいい講座であるといえます。

学習期間が短く在宅で受講&資格取得ができる点もうれしいポイント。産業カウンセラーの資格取得を目指す前に、基礎知識を身につけるという目的で受講するのもおすすめです。

>>【キャリカレ】心理カウンセラーの詳細を確認する

【キャリカレ】産業心理カウンセラー講座は職場の人間関係に悩むすべての人に適した講座!

キャリカレの産業心理カウンセラー講座は、職場の人間関係に悩む人はもちろん、カウンセラーとしての基礎知識を身につけたい人にぴったりの講座です。

キャリカレの心理カウンセラーの資格を取得して、気持ちよく仕事ができるような職場づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
キャリカレのメンタル総合心理講座の口コミ&評判は?取得可能な資格についても徹底調査! 心理学やカウンセリングに興味があるけれど、キャリカレのメンタル総合心理講座ってどうなの?口コミの本当のところはどうなの?と疑問に思っている人も多いはず。 そこ...
あわせて読みたい
【キャリカレ】行動心理士講座の口コミ&評判は?講座内容や難易度も徹底解説 ここでは、キャリカレの行動心理士講座の全容を徹底調査!気になる口コミや評判についても調べてみました。キャリカレの行動心理士講座の受講を検討している人はぜひこのページを参考にしてみてくださいね。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる