副業で料理代行ってどうなの?プロになるにはどうすればいい?徹底調査してみました

社会情勢の変化や、共働き世帯が増えたことから、料理代行サービスの需要は今とても増えています。

そんななか、副業として料理代行で稼ぎたい思ってはいるものの、資格はいるの?どうやってはじめたらいいかわからないと思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、副業で料理代行業務を行うためにはどうすればいいのか?料理代行のプロとして本業以上に稼ぐためにはどうすればいいのか?についてご説明します。

Contents

副業として料理代行の仕事をするにはどうすればいい?

副業として料理代行業務を行う場合は、まず家事サービス会社に登録し、研修を受ける必要があります。研修後に実際に依頼者の家に行って料理をしてお金を稼げるようになります。

家事サービス会社への登録は誰でもできます。未経験の人でも、家事サービス会社の研修でノウハウを教えてもらえるので大丈夫です。

気になる稼働時間ですが、土日の空いている時間や、幼稚園に子どもを預けているわずかな時間など、週に1回2時間程度など、短時間だけ稼働することも可能。時給も近所のよくあるアルバイトに比べて高いのが特徴です。

働いていくなかで、複数のお客様から指名をいただけるようになると時給もアップし本業以上に稼げるようになる人もいます。

副業として料理代行を行うならばCaSyがおすすめ

まず、副業として料理代行の業務をおこなってみたい!と言う人は、家事代行サービスの「CaSy」(カジー)にオンラインで登録してみましょう。

週に1回2時間〜など曜日や時間帯の融通もききますし、気になることがあれば、会社スタッフにも相談&質問もできます。研修も充実しているのではじめて料理代行の副業をする人でも安心して働けますよ。

時給も1450円スタートと待遇がいいのもうれしいポイント。気になった人は、CaSyに登録して料理代行デビューをしてみてください!登録はもちろん無料ですし時間もかかりませんよ。

>>家事代行サービスCaSyに無料登録する

料理代行のプロとしてお金を稼ぐために必要なこと

さきほど書いたように、副業として料理代行を行うことは案外かんたんにはじめられますが、依頼者に「この人に次回もお任せしたい」と指名され継続的に依頼を受けてより稼ぐためには、「料理代行のプロ」になることが必要不可欠です。

料理代行とひとことで言っても、依頼者によって愛用している調理器具や調味料、保管している食材などは全然違いますし、好みの味も異なります。継続して依頼を受け続けて活動していくためには、依頼者に合わせて臨機応変に行動していく力が必要になります。

料理代行のプロとしての技術やテクニックを身につける必要がある

副業で料理代行の依頼を受けはじめたあと、その場で手際よくおいしい料理を作れなかった場合、2度とその依頼者に指名してもらえることはありません。依頼者の趣味嗜好や希望に沿ったお料理をつくれるようになるためには、それなりと知識と経験を積み重ねる必要があります。

料理代行を請け負うことは、研修を受ければ誰でもできるようになるものの、料理代行で活躍している人のなかには元料理人や、管理栄養士などすごいスキルを持ったひとがたくさんいます。

たとえば、「予約がとれない伝説の家政婦」として、テレビやラジオ、雑誌などメディアでも多く取り上げられているタサン志麻さんは、日本のフランス料理店で15年働いた経験のあるプロの料理人。3時間で1週間分のおいしいおかずをつくるスーパー家政婦として話題を集めています。

依頼者の家の冷蔵庫にあるもの(いわば余り物)だけで、依頼者の好みにあった料理を、たった3時間で1週間ぶんのおかずを作る技術が口コミで広がったことで料理代行業界や一般の人に名前が知られるようになりました。

ただ、いきなり志麻さんのつくるようなおいしい料理をあるものだけでたくさんつくるというのは、まったくの未経験の人には正直難しいですよね。そこで、料理代行業務に必要な「その場にあるものを利用して臨機応変においしい料理をつくる技術」を学べる講座がありますので、下記にてご紹介します。

料理代行のプロを目指すなら料理代行マイスター認定講座がおすすめ!

料理代行を副業ではじめたいけれど、最終的には本業にしてバリバリ稼げるようになりたい!という意識の高いあなたは、料理代行マイスター認定講座の受講をおすすめします。

料理代行マイスター講座は、依頼者の家にあるものを利用しておいしい料理を効率的につくる技術を学べる講座。講座はすべてオンラインだから、手持ちのスマホやタブレット、PCを利用しておうちで自分の好きな時間に料理代行の技術やスキルを身につけることができますよ。

認定試験も筆記(オンライン上で試験が受けられます)で、家にいながら料理代行マイスター認定資格をゲットすることが可能。履歴書にも記載できるうえに、家事代行サービス会社での登録&面接でアピールすることもできます。

講座受講後、料理代行マイスターに認定されれば、料理代行マイスター協会認定講師として働くことも可能に。活躍の場がぐっと広がります!

自分のお料理スキルに磨きをかけて、将来的に本業以上に稼げるようになりたい人はぜひ、当講座を受講してみてはいかがでしょうか。

>>【料理代行マイスター】オンライン講座を受講する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる