日本アロマコーディネータースクールの価格や評判は?スクールの特徴を徹底調査

MIZUKI

こんにちは。LinkStudyで美容&健康系資格講座の記事を担当している個人事業主ライターのMIZUKIです

アロマオイルやトリートメントが大好きでアロマについての知識を深めたい人や、アロマを仕事で活かしたい人のなかには、日本アロマコーディネータースクールの講座の受講を検討している人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、日本アロマコーディネータースクールを徹底調査!気になる受講価格や会費、受講された人の口コミについて調査で分かったことをシェアしていきます。

\本気でアロマを生業としたい人だけ資料請求してください/

日本アロマコーディネータースクールの公式サイトから資料請求ができますが、資料請求をするとアロマコーディネータースクールから数回電話がかかってきます。

本気で受講すると決まっていれば大丈夫なのですが、軽い気持ちで資料請求をすると面食らってしまうかもしれません。

講座内容も実務ですぐに役立つ専門的な内容を学ぶために受講料も高めに設定されているうえ、資格を取得したあとも協会へ年会費を払い続ける必要があります。

ただ、学ぶ内容はメディカル系の奥深い部分もじっくり学べたりはするので「アロマコーディネーター」の資格を活かして活躍していくんだ!受講料や会費以上の仕事をしてたくさん稼げるようになるぞ!と決意の固い人にはぴったりなスクールであると言えます。

プロを目指す気はないけれど、アロマが趣味で少しだけ知識を深めたいという人や、とりあえず基礎知識だけを知りたい!という軽い気持ちで受講をしたいのであれば、【資格のキャリカレ】のアロマテラピー検定&アロマトリートメントアドバイザーのほうがおすすめです。

キャリカレは受講料も安価ですし、資料請求後の電話勧誘も一切ありません。ちょっとした資格も取得できてコスパのいい講座ですよ↓

Contents

日本アロマコーディネータースクールの特徴とは?受講料についても調べてみた

画像は日本アロマコーディネータースクールの公式サイトより引用

日本アロマコーディネータースクールは、アロマについての知識がない人でも、就職や独立ができるレベルまでアロマの知識や技術を身につけられる通信スクールです。基本的にはスクールに通わず、在宅&オンラインツールを使って受講します。

学習はもちろんですが、資格試験についても在宅での受験が可能。面接も受けるのですが、すべてオンラインです。子育て中や介護中で家を開けられない人や忙しい人でも学習〜資格取得ができるような工夫がなされています。実際に多くの人が資格を取得しています。

講座ではただテキストを眺めて知識を詰め込むだけではなく、日常生活の中で実際にアロマを使って経験する「体感学習」を大切にしています。そのため、アロマオイルや器具など教材も多く送られてきますよ。

サポートも充実しており、JAA主任講師をはじめ、経験と知識が豊富な講師が担当講師として添削問題の添削をしたり、質問や悩みに親切に答えてくれます。さらに、受講中だけでなく資格取得後もサポートやアドバイスが受けられる点も魅力です。

資格取得後は、JAA(日本アロマコーディネーター協会)の会員となることができます。資格によっては加盟店として登録することも。JAAの資格を取得したり、加盟店に加入すればプロとして活躍がしやすくなりますよ。

インスタなどのSNSなどを見ると、実際に卒業生の多くがアロマのプロとして独立したり、アロマ店で働いたりしてる様子が伺えます。看護師さんや保育士さんでアロマを活用して患者さんや子どものために役立てているという人もいました。

下記のSNS投稿は卒業生さんの投稿の一例です↓

では、ここからは、日本アロマコーディネータースクールで最も受講者が多く、資格取得後も活躍している人の多い「アロマコーディネーター養成ホームスタディコース」についての紹介をかんたんにしていきます。

【日本アロマコーディネータースクール】アロマコーディネーター養成ホームスタディコースについて

アロマテラピーについて全く知識のない初学者からプロとして活躍できる知識や技術を身につけることができる講座。アロマテラピーの基礎知識や歴史、精油の効能、トリートメント方法、アロマについての法律など、学ぶ範囲は多岐にわたります。

テキストだけでなくアロマオイルやみつろう、遮光ビンなどアロマを学ぶうえで必要な器具も揃っているので日常生活にアロマを取り入れながら楽しく学習ができますよ。

受講後はJAA認定の「アロマコーディネーターライセンス」という資格試験を受験することができます。アロマコーディネーターは、アロマのプロを目指すのであればまずは取得しておきたい資格です。

アロマコーディネーター養成ホームスタディコースは、通信講座なのでおうちで好きなタイミングで学べます。もちろん資格試験も在宅で受験できちゃいます。

MIZUKI

アロマコーディネーターの資格取得後は、上位資格である「トップインストラクター」の資格講座を受講してスキルアップを図ることができます♪

【日本アロマコーディネータースクール】アロマコーディネーター養成ホームスタディコースの受講価格&教材一覧

スクロールできます
受講価格231,000円(税込・教材費込)
資格試験受験料10,500円(税込)
受講期間1年間
教材内容テキスト
精油ガイドブック
DVD(実習編・受験対策編)×3枚
FAQ
履修票
封筒(往信・返信)×7セット
精油シール
精油(各5ml)12本
ホホバオイル(100ml)
スイートアーモンドオイル(50ml)
液体シャンプー(100ml)
ローズウォーター(50ml)
カオリン(15g)(クリーム容器入り)
みつろう(3g)(クリーム容器入り)
遮光ビン(30ml滴下)
遮光ビン(50mlアトマイザー)
点眼容器(30ml)1本ビーカー(50ml)
ガラス棒
計量スプーン(1cc)
ムエット×50枚

【注意】日本アロマコーディネータースクールで資格取得後にかかる登録料&年会費について

日本アロマコーディネータースクールで資格を取得した後は、アロマコーディネーターとして団体に登録するための登録料33,000円(税込)と年会費13,200円(税込)がかかります。

受験料も合わせると資格取得後には、5万円以上の初期費用がかかる点は頭においておいたほうがいいです。また資格取得後も一年に一回年会費を払い続ける必要があります。

年会費は銀行からの自動引き落としとなりますが、年度途中で解約することも可能。しかしその際は頑張って取得したライセンスも同時に失効してしまいますので注意が必要です。

日本アロマコーディネータースクールの口コミ&評判

日本アロマコーディネータースクールの口コミや評判をインターネット上で探してみたところ、資格を活かしてプロのアロマテラピストとして活躍している人やアロマグッズ店で働いている人など充実した生活を送っている人が多くいることがわかりました。

その一方で、悪徳スクールだ!と逆恨みに近いようなコメントもあり、賛否両論あるような印象でした。一部の口コミを抜粋してご紹介します。

今回は、訳あって転載が不可能だったのでSNSなどの転載はありません。

日本アロマコーディネータースクールのポジティブな口コミ

アロマに対する知識を深められたうえに、将来アロマの知識を活かしてこうしてみたい!というビジョンも明確になった!という声が多くありました。

通信講座なので、忙しい合間を塗って家で好きな時間に学習できた。資格試験も解答用紙提出とオンラインで提出できたので試験会場まで出向く手間がないのがよかったという声も。

アロマセラピストとして開業&活動するうえで、立派なディプロマ(資格証明書)があるとスキルの証明ができてお客様からも信頼されるいう声もあり、仕事や家事育児で忙しくても本格的にアロマテラピーを学びたいという人にぴったりのスクールであると言えます。

日本アロマコーディネータースクールのネガティブな口コミ

資料請求をすると何度も勧誘の電話がかかってくるという声が多くありました。資料請求あるあると言った感じですけれども、受講するという意思が固い人であれば問題はありません。しかし、受講を決めかねていて勧誘の電話がかかってくる場合は注意したほうがよさそうです。

電話勧誘に関しては、万が一資料を請求してみて受講する意思がない場合は「受講する意思は全くありません!」とはっきりとお断りすれば電話はかかってこなくなるという口コミもありました。

あとは単純に受講価格が高いという声も。アロマオイルなどの教材料が含まれているため料金が割高になるのは否めません。

日本アロマコーディネータースクールは本気でプロを目指す人やお金に余裕がある人向けのスクール

日本アロマコーディネータースクールは、専門的な知識を学べる分受講料や資格の維持にお金がかかるため、単純な趣味としてアロマを楽しみたい人には不向きな講座であるといえます。

ただ、本気でアロマを仕事で活かしたい!アロマで食べていきたい!という人にとっては、充実した講座内容なのでおすすめできます。

気になる人は、ぜひ資料請求をして自分に合った講座かどうかを確認してみてくださいね。とはいえ、受講料はそれなりに高額にはなるので、できれば複数のスクールの資料を請求し、見比べてみることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents
閉じる